効率良く宣伝をしよう

インターネットが現在のように幅広く利用される前は、宣伝活用はテレビや新聞、広告などの媒体だけでした。コストが高く、大企業では宣伝効果を期待できるツールとして利用されていましたが、中小企業では利用が難しいツールです。
そして、インターネットが広く浸透されている現代ではホームページ制作が行われるようになったことで、日本だけでなく世界に企業用法や製品・サービスを広く知ってもらうことが可能になりました。

自社ホームページの設立

企業でホームページ制作する目的は自社情報の発信だけでなく、ホームページを閲覧したユーザーを取り込むことができたり、売上アップに繋げたりすることが可能です。個々のユーザーだけでなく、問い合わせから企業間の商談に繋げて取引相手としての商談に繋げることも可能になります。

ホームページ制作を制作会社に依頼するフロー

パソコンを操作する人

どんな目的のサイトを作るか検討する

ホームページは会社情報をメインに作られているタイプのものやネットショップを展開しているタイプなどさまざまなタイプに分かれています。会社情報メインのホームページよりも、ネットショップを展開している企業のホームページは複雑なプログラムが組み込まれています。
どんな目的をもってホームページ制作するかによって、制作方法が変わってきます。

制作会社の特徴を把握

ホームページ制作の依頼先は大手なのか、フリーランスで活躍するところなのかによって制作時の流れが変わってきます。
大手ではデザインやプログラミングなどの担当がチームとなって一つのホームページを作り上げていきます。修正するときには、制作チームだけでなくチームの上司への許可が必要になることが多いため時間がかかってしまうこともあります。
フリーランスでは一人で作りあげるだけでなく、規模や内容によってはチームを組むこともありますが、大手よりも急な対応などでも柔軟性の高さがあります。

契約書締結と着手金の支払い

自社のイメージに合うホームページを制作してくれる業者を何社か決めていきましょう。数社に問い合わせから費用の見積もりを取得して、契約と着手金の支払いをします。とくにフリーランスかたなどの小さな会社では契約書が発行されないことがあるため注意しましょう。また、契約書があっても任せっきりにせずに、定期的に進捗具合はチェックしましょう。

[PR]
誹謗中傷を専門家に相談☆
最良の対策方法を実施してくれる

業者にホームページ制作を依頼すると宣伝効果大

サイト

動画を取り入れた宣伝方法

スマートフォンの利用者の動画や動画配信サービスの拡大から動画マーケティングは注目されています。
動画では、文章よりも写真といった静止画よりも利用者にイメージが伝えやすくなります。利用イメージを伝えることができるため、言語が異なる外国の方にも商品やサービスのアピールをすることができますし、日常的に動画サービスを利用している若者世代にも宣伝することが可能です。そして、動画は音楽やナレーションを加えていくため、目だけでなく耳からアピールすることもできるでしょう。

男の人

必要な機能を追加してもらう

業者にホームページ制作を依頼する際は、問い合わせフォームやネットショッピング機能を追加する場合には、エントリーフォームを最適化するEFOの施策は忘れずに行いましょう。
EFOとは入力フォームの最適化です。ホームページを訪れるユーザーは、資料請求や会員登録、ネットショッピングと一度は必ず情報の入力に手間をかけることになります。手間から途中でアクションをやめてしまうユーザーは多く、機会損失に繋がります。そのため、企業によって必要な機能は異なりますが、EFOは忘れずに行いましょう。

[PR]
ホームページ制作なら福岡の業者にお任せ!
業務内容を事前にチェック!

[PR]
EFOを導入しよう
アンケートの集計がスムーズに進む

[PR]
福岡にあるホームページ制作業者
サービス内容を事前にチェック☆

[PR]
風評被害対策をはじめよう
専門業者の情報を要チェック!